転職は辞めてからか、働きながらか?

転職は辞めてからか、働きながらか?

働きながらのメリットデメリット

 

・仕事にブランクができない、収入を気にしなくて良い
・希望の企業や求人を時間をかけて探すことができる
・転職を決めてから退職を申し込むことで、すっぱりやめることができる
・税金などの手続きがいらない

 

時間が取りづらい
引継ぎなども短期間になり、忙しい
プライベートの時間はすべて転職活動にあたるので心身的疲労がたまる

 

→と・に・か・く時間がないです、スケジューリングなど気疲れも多くなるでしょう。

 

 

先に辞めてからのメリットデメリット

 

情報収集の時間がとりやすい

就職活動を最優先にできる

自分を見つめなおす時間もとれ、リフレッシュできる

資格取得のための時間もつくりやすい

手続きを行えば失業手当や、早期再就職支援金なども

 

収入が途絶えるため、ある程度のたくわえが必要

活動がうまくいかないと妥協しがち

失業の恐れからの不安ストレスがある

ブランクがあいてしまうとハンディに

自堕落な生活を送ってしまう可能性

→収入面がなくなることからの焦りが大きいかもです。生活費もそうですが、転職活動にもお金がかかるのでどうくめんしていくかですね。

 

どちらでも同じ?大切なのは気持ち?

 

上にメリット、デメリットを挙げていきましたが、転職をした人たちのうち、働きながら活動したという人と、仕事を辞めてから転職活動に専念した人にアンケートを取った際、「成功だった」と答えた人はどちらも7割を越えた結果になったそうです。 大事なのは自分が本当に転職したいのか、転職してどうしたいのかというビジョンですね。

どちらにの転職方法をとるにしても、自分の今の状況にあった転職活動をしましょう。