転職がうまくいかないのは

転職がうまくいかないのは

転職がうまくいかない方で多いのはやはり面接や、履歴書における準備不足の面が大きいのではないかと思います。

自己PRひとつにおいても、しっかりとした自己分析をできずにただただ闇雲に書いてしまい、書類選考で落とされるなんてことも多いですね。

 

社会で生きていく場合この「準備」というものは常に必要要素として付きまといます。

 

「面接は普段の自分を出せばいいのだから、準備なんていらないでしょ?」なんて思ってしまうのは間違えなんですね。

貴方の普段の生活を思い返してみてください、突然に突拍子もない質問をされてすぐに思いつかなかったこと、ありませんでしたか?

面接での質問も同じです。ある程度「こういったことを話そう」というビジョンがなければ、急な質問に「あー、えーっと…」となってしまって、おしまいです。スポーツでも、アスリートの方は準備運動を欠かしませんね。

履歴書の書き方や面談にも同じことが言えます。

何の準備もなく急に走り出したら足がつるのは当たり前のことです。

 

面接は普段の自分がどういう人間なのをアピールする場です。どういう人間かをアピールするのは普段の自分…ではありませんよね?ややこしい言い方をしますが、面接の場で普段の自分で話してしまうのはNGです。

 

これから転職を考えている方、社会人としての「準備」を怠らないよう先を見据えて行動してくださいね。