転職の志望動機の伝え方

転職の志望動機の伝え方

■担当者の心にささる志望動機の伝え方

志望動機は担当者にとって最重要と言ってもおかしくない項目。「何が理由で前の会社を退職したか、そして何故自分の会社を選び、ここで何がしたいのか・何をしてくれるのか…」そう思いながらチェックするポイントです。志望動機で伝えるべき点は次の3点です。

1.この会社に応募しようと思ったきっかけ(どこに魅かれたのか)
2.自分の今までのスキルをここでどう活かせるのか
3.採用されたら何をしたいか?何を学びたいか

■志望動機の伝え方例

上記の3点を押さえた上で、自分が転職したいと思えた動機から応募に至るまでの経緯、今後に向けての熱意を伝えましょう。脚色や背伸びはせず、素直にありのままを伝えるのがポイントです。

例1)××会社にて企画・営業の経験があります。●●の業界には以前から非常に興味があり、今回御社に応募しようと思ったのは求人広告の仕事内容を拝見し、今までの自分の▲▲のスキルが活かせると思ったからです。

例2)前職で●●の仕事に就いておりましたが、待遇面と業績の件で将来に不安があり、転職を決意しました。定年まで頑張るに当たり、御社の過去実績や今後の社会のニーズに答えられる業界であることに魅力を感じ、自分も結果を残せるように働きたいと考えております。

何度も書類選考や面接で落とされている人は、スキルや職歴の問題だけでなく、そのアピール方法に問題があるのかも知れません。自分を客観的に見てくれるプロの人たちと一緒に自分を見つめ直してみるのも良い転職につながる方法のひとつですよ。

tenshoku_public